手を合わせる人

最新情報

家族葬と一般的な葬式の違い

線香

葬式という言葉を聞いて皆さんが思い浮かべるものはどんなものでしょうか。色んな人が訪れてみんなで亡くなった方を弔うものでしょうか。それともひっそり少人数で行う葬式でしょうか。
葬式と一言にいっても色々な種類があるため人それぞれ想像する葬式は違うかもしれません。ですが、よく行く葬式の形態としては色々な人が訪れるものが多いのではないでしょうか。少人数の場合は呼ばれることが少ないので必然的にそうなると思います。ではなにが違うのかというところが気になるのではないでしょうか。ですので、今回は家族葬と一般的な葬式の違いについて紹介していきたいと思います。
まず一般的な葬式についてですが、これは亡くなった方と関係があったかたや親しかった方などが来る葬式のタイプになります。規模についてもそれぞれで費用をかけるほどに大きくなっていきます。
次に家族葬についてですが、これは亡くなった方の身内のみで行う葬式となっています。ですので仲が良かったりしても基本的には参列することはできません。一般的な葬式についてはよく知っている方もいたと思いますが、家族葬は知らなかったという方もいたのではないでしょうか。これを機に参列する際にはどんな葬式なのか少し気にかけてみてください。